指先を採血されている写真
病気
2022.05.16

先進医療特約を付けて治療の幅を広げよう 先進医療についても詳しく解説

目次

「効果は期待できるけど、費用が高くて治療が受けられない……」
こんなシーンに備えられる保険が「先進医療特約」です。高額な自己負担の可能性がある先進医療を受けたときに保険金を受け取れます。

医療技術の発展で治療の幅は年々広がっています。金銭面が理由で治療を受けられない事態を避けるためにも、「先進医療」と「先進医療特約」の基礎知識を身につけ、万が一の状況に備えましょう。

1先進医療とは?

  • (画像= Prrrettty/ stock.adobe.com)

まずは先進医療の概要について解説します。

厚労省が認めた先進性の高い医療技術のこと

先進医療とは特定の大学病院などで研究・開発された新しい治療方法のうち、厚生労働省に認められたものです。

将来、公的医療保険の対象に含めるか評価段階の治療・手術が指定され、2021年8月1日時点で84種類が先進医療として認められています。例えば以下のような医療技術が先進医療に指定されています。

【先進医療の例(2021年8月1日時点)】
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術 子宮腺筋症の治療のため、新たに開発されたリング型の高周波切除器を用い、腺筋症組織のみを切除するもの。従来、子宮腺筋症は正常の子宮筋層と分離しての切除が困難だったため子宮全摘術によって治療されてきた。
重粒子線治療 従来のX線治療より重い炭素粒子を用いることで容易に病巣に狙いを定め照射でき、周囲の正常組織への影響を抑える治療方法。
家族性アルツハイマー病の遺伝子診断 家族性アルツハイマー病の原因遺伝子の変異に対する診断を行う。正確な診断により、個々の患者ごとに将来に向けた療養方針やリハビリ計画を患者やその家族に示すことができる。

先進医療は、従来にはない画期的な効果が期待できる医療技術といえるでしょう。

適宜見直しが入り、認可される治療が変わる

先進医療は適宜見直され時代とともに変化していきます。例えば「ダ・ヴィンチ」に代表される手術支援ロボットを用いた治療は2012年、「前立腺がん」に対する一定の治療が公的医療保険の対象となりました。

- Point -

先進医療は評価の結果、公的医療保険の対象に含まれることもあれば対象から外れることもあります。

実施している施設に細かい基準が定められている

先進医療を受けられる医療機関は細かく定められています。例えば上述した「重粒子線治療」の場合、「国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院(千葉県)」など全6施設しかありません(2021年8月30日時点)。

- Point -

どの病院でも受けられるわけではない点に注意しましょう。

先進医療にかかる技術料に健康保険は使用できない

先進医療について最も知っておきたいポイントは「公的医療保険の対象外」という点です。このため先進医療を受ける場合、大きな支出となる可能性に注意しなければなりません。

通常の公的医療保険対象の治療の場合、私たちは原則3割の負担で受けられます。さらに3割でも負担が大きい場合、一定以上が免除される「高額療養費制度」も利用可能です。

しかし先進医療の場合、その技術料については全額自己負担しなければなりません。先進医療には高額なものもあり、その全額の自己負担となると負担が重くのしかかる場合もあります。

AIほけんの「医療保険」で万が一に備える

2先進医療特約とは

先進医療特約とはどのような保障なのでしょうか。

医療保険や生命保険の特約のひとつ

先進医療特約は「主契約」にプラスして加入する「特約」のひとつです。両者の違いを以下にまとめました。

【主契約と特約の違い】
・ 主契約:その保険のベースとなる部分。主契約だけで契約可能。
・ 特約:主契約に任意に追加できるオプション部分。特約だけの加入はできない。

主契約はその保険の基本的な保障で、加入するなら必ず加入します。一方特約は主契約に追加できる保障で、加入は任意ですが特約だけに加入することはできません。

特約を上手に活用すれば個別のニーズに沿った保障にカスタマイズできます。

例えばドコモのAIほけんの「医療保険」の場合、以下3つの特約を選ぶことが可能です。詳細は記事の最後でご紹介します。

●総合先進医療特約
病気やケガで先進医療を受けた場合に補償を受けられる
●三大疾病特約
がん診断時、急性心筋梗塞や脳卒中で入院した際に一時金を受け取れる
●女性特約
女性が罹患しやすい病気や糖尿病など所定の病気で入院した際に一時金を受け取れる

先進医療を受けるときの保障

先進医療特約は先進医療を受けた際の費用の保障を受けられる特約です。先進医療の技術料は全額自己負担で高額に上ることもあります。保険金が十分大きく設定されているものを選びましょう。

ドコモのAIほけんの「医療保険」なら「総合先進医療特約」に最大1,000万円もの保険金が設定されているため安心感は大きいでしょう。

先進医療特約の保障範囲

先進医療特約は、先進医療として厚生労働省から認可を受けた治療が保障の対象です。先進医療として指定されており、指定の医療機関で受けた治療が先進医療として扱われます。

- Point -

同様の治療を指定外の医療機関で受けても先進医療とは認められないため注意しましょう。

3先進医療特約は必要か?

特約はあくまで任意に追加できる保障のため、加入が義務付けられているわけではありません。加入するかどうかは各自で判断する必要があります。先進医療の実例を踏まえ解説します。

先進医療を受けるとどれくらい費用がかかる?実例で紹介

先進医療にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。中央社会保険医療協議会によると、「陽子線治療」や「重粒子線治療」のように200万円を超える治療もありますが、「高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術」のように50万円以下に収まるケースもあります。

【先進医療 技術料の例】
1件あたり技術料
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術 30万2,852円
陽子線治療 269万7,658円
重粒子線治療 308万9,343円
MRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法 10万7,661円

先進医療を受けている人はどれ位いるのか?

前述の中央社会保険医療協議会の調査によると、1年間で約3.9万人の方が先進医療を受けていることがわかります。

【先進医療の実績(2018年7月1日~2019年6月30日)】
先進医療
技術数
実施医療
機関数
全患者数 総金額
88種類 1,184施設 39,178人 約352億円

厚生労働省の「患者調査(2017年)」によると、ある1日の入院患者数の推計は約131万人です。先進医療は1年で約3.9万人のため、全体と比べると割合は決して多くありません。

出典:厚生労働省 平成29年(2017)患者調査の概況

いざという時のために加入

実態を踏まえると、「先進医療は実際に受ける人は少ないものの、いざ受ける場合は大きな負担となる」可能性があります。先進医療特約への加入は必須ではありませんが、いざというときに頼りになる存在です。

AIほけんの「医療保険」で万が一に備える

4先進医療特約の注意点

  • (画像= hikari_stock/ stock.adobe.com)

先進医療特約には注意したいポイントもあります。後で後悔しないよう、ここで確認しておきましょう。

- Point -

●特約の保障期間
●ほかの保険に特約を付けていないかを確認
●保険適用外の治療=先進医療 ではない
●対象となる医療技術が変わること

特約の保障期間

まずは保障期間に注意しましょう。先進医療特約だけでなく、主契約の保障期間にも注意が必要です。主契約の保障期間が終了すれば先進医療特約の保障もなくなるためです。

保障期間は主に「終身型」と「定期型」があります。終身型は一生涯保障されるタイプで、老後も含め長い期間を保障したい方に向きます。

定期型は一定期間だけ保障されるタイプで、ある特定の時期だけ保障したい方に向くでしょう。定期型でも自動更新されるタイプなら長く保障を受けられるものもあります。

それぞれのニーズに合わせて保障期間を選びましょう。

ほかの保険に特約を付けていないかを確認

すでに契約している保険に先進医療特約が付帯していないか確認しましょう。もし付帯しているなら保障内容を確認し、重複しているなら新しく加入する必要はありません。

保険適用外の治療=先進医療 ではない

先進医療特約の保障範囲は先進医療だけです。公的医療保険が適用されない治療はいくつかありますが、そのすべてが先進医療に該当するわけではありません。

例えば「自由診療」や「患者申出療養」なども公的医療保険の対象外ですが、これらは先進医療ではありませんので注意しましょう。

対象となる医療技術が変わること

先進医療はあくまで評価段階の医療技術です。評価の結果、先進医療の対象から外れることもあります。保険加入後に変動する可能性については注意しましょう。

5AIほけんの先進医療特約で治療の幅を広げましょう

先進医療は厚生労働省に認められた先進的な医療技術です。従来の治療法にない画期的な効果が期待できますが、その技術料の全額を自己負担しなければならない問題があります。

ドコモのAIほけん「医療保険」では先進医療特約が含まれているプランを選ぶと、先進医療を受けたとき最大1,000万円の保険金を受け取れます。先進医療が有効だと考えられるとき、費用の不安から解放され安心して治療に望めるでしょう。

【AIほけんの「医療保険」補償の内容】
疾病入院保険金 病気で入院したとき、入院1日目から保険金を受け取れる。加入するプランによって補償される保険金額が異なり、「2,500円」「5,000円」「1万円」のいずれかを受け取れる。
疾病手術保険金 病気で所定の手術を受けたとき、疾病入院保険金日額の最大40倍の保険金を受け取れる。
放射線治療保険金 病気やケガで放射線治療を受けたとき、疾病入院保険金日額の10倍の保険金を受け取れる。
総合先進医療特約 病気やケガで先進医療を受けたとき、最大1,000万円まで補償。さらに「10万円」の一時金を受け取れる。
三大疾病特約 「がん」と診断されたとき、または「急性心筋梗塞」か「脳卒中」で入院したとき、「50万円」「100万円」のどちらかの一時金を受け取れる。
  • ※総合先進医療特約と三大疾病特約はスタンダードプラン、プレミアムプランのみ補償。

AIほけんの「医療保険」では、上述の通り追加で女性特約も付帯することができるため、より自分にあった補償内容にカスタマイズ可能です。

【AIほけんの「医療保険」付帯可能な特約】
女性特約 女性が罹患しやすいとされる病気または糖尿病など所定の病気で入院したとき、1日「5,000円」の保険金を受け取れる。さらに乳房切除術など所定の手術を受けたとき、手術の種類に応じて女性入院保険金日額の20倍または40倍の額が支払われる

さらに「AIほけん」の場合、医療保険を含め10種の保険をひとつに組み合わせて加入できます。「dアカウント」を持っていればスマホだけで契約できるので、一度WEB見積もりを取ってみましょう。

※本記事は2021年12月24日時点の内容であり、将来の商品改定によっては内容が変更になる可能性がございます。

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有。

病気