海外旅行保険はクレジットカードにドコモの海外旅行保険を加えてしっかり補償! 海外旅行保険はクレジットカードにドコモの海外旅行保険を加えてしっかり補償!

海外旅行保険はクレジットカードにドコモの海外旅行保険を加えてしっかり補償!

海外旅行では、窃盗や盗難、ケガ、病気、入院などさまざまなトラブルが起こる可能性があります。しかし、海外では日本の健康保険が使用できないため、海外旅行保険に加入しておくことが重要です。
今回は、海外旅行保険付きクレジットカードの特徴や、ドコモの「dカードGOLD」の魅力について、海外旅行に行こうとしている保奈美さんと、保険に詳しい保険先生と共に見ていきましょう!


保険にいくつか加入はしているが、保険について深く理解できていない保険初心者。今回は、海外旅行に行こうと思っていたけど、保険をどうしたらいいかわからないので保険先生に教えてもらい、安心して旅行を楽しもうと思っている。

保険先生
保険のことなら何でもお任せ!フィナンシャルプランナー1級を保有している保険のプロ。保険初心者の方に、わかりやすく丁寧に保険を説明するのが得意。

「海外旅行保険付きクレジットカード」とは?

海外旅行に行こうと思ってたんですが、海外旅行の保険がついたクレジットカードなんてあるんですね。

そうだね。いくつか種類もあるし補償内容にも違いがあるから注意が必要だよ。

なるほど。今まで気にしたこともなかった…。

いやいや!きちんと考えないと、旅行先でトラブルになってしまうからね。せっかくだから少しクレジットカードの海外旅行保険について説明しようか。

よろしくお願いします!

「海外旅行保険付きクレジットカード」とは、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードです。クレジットカードによって利用条件が異なるため注意しましょう。利用条件や補償内容の例などについて、詳しくご紹介します。

タイプ別 利用時の条件

① 自動付帯タイプ

カードを所持しているだけで、自動的に海外旅行保険が付帯されるタイプになります。特別な手続きや支払いの条件などはありません。

② 利用付帯タイプ

海外旅行のための出国までにかかった公共交通機関の代金、旅行の手配などに関する代金を該当のクレジットカードで支払うことが条件となります。

ドコモの海外旅行保険付きクレジットカード「dカード GOLD会員限定のサービス」

「dカード」のGOLD会員限定サービスの内容をご紹介します。海外旅行中のケガ・病気により発生した治療費用のほか、カメラなどの携行品が損傷したり、ホテルの備品などを汚した・壊した場合の損害賠償まで、幅広くサポートします。

【補償内容の例】

dカードをご契約のお客様(ご本人様)の担保項目および保険金額 dカード GOLD
本人会員/家族会員 本人会員のご家族様
傷害死亡 1億円(※) 1,000万円
傷害後遺障がい 程度により400万円~1億円(※) 程度により40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円 1,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円) 15万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用(年間限度額) 500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約 乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

※海外旅行費用をdカード GOLDにてお支払いいただいた場合のお支払い保険金額です。条件を満たさない場合の保険金額は傷害死亡時5,000万円、傷害後遺障がい時200万円~5,000万円となります。(2019年7月時点)

海外旅行保険付きクレジットカードを新しく作るときの注意点!

海外旅行保険付きクレジットカードを新たに作る場合は、次のようなことに注意しましょう。

① 補償額、補償範囲、条件を確認すること

クレジットカードによって、補償額や補償範囲が異なるうえに、保険の利用条件が定められています。補償額が非常に低く補償範囲も非常に限定的な場合は、トラブル時にほとんど役立たない可能性があります。また、利用条件が厳しく利用できない可能性が高いケースもあるため注意しましょう。

② 必要時に補償が利用できないケースもある

条件を満たさなければ、必要なときに補償を利用できません。また、どれだけ条件を満たしているかによって、補償内容が異なる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

③ 家族が補償条件に含まれるかどうかも確認する

海外旅行保険付きクレジットカードによっては、自分だけではなく家族も補償対象になります。本人よりも補償内容や範囲が限定的なケースがほとんどですが、家族で海外旅行へ行くときは重宝するでしょう。

このように、クレジットカードの海外旅行保険にも種類があるので、自分が持っているクレジットカードの内容について確認することが大切です。

海外旅行保険付きカードを選ぶときのポイント5つ!

きちんと確認しないとまずそうですね。

そうだね。特に補償内容はきちんと確認しておかないと、まったく意味のないものになってしまうからね。

わかりました。ついで、と言ったらなんですが、選ぶときにポイントとかってありますか?

やれやれ・・・まあせっかくだから選ぶポイントも説明しようか。

海外旅行保険付きクレジットカードは、次のようなポイントに注目して選びましょう!

選ぶときのポイント6つ

① 海外旅行保険の条件

自動付帯と利用付帯の違いを確認しましょう。ポイント還元率が低い代わりに海外旅行保険が自動付帯であったり、ポイント還元率が高い代わりに利用付帯であったりと、クレジットカードによってさまざまです。また、自動付帯であるものの、クレジットカードを利用することで補償内容がより充実する場合もあります。

② 利用付帯は適用条件を確認

利用付帯の条件における「旅行代金の支払い」とは、一般的に出国前の航空機や電車、タクシー、バスなどの利用時の支払いを指します。自家用車のガソリン代や高速料金は、旅行代金に含まれないため注意しましょう。
また、募集型企画旅行の代金を支払うことが条件の場合は、受注型や手配型では条件を満たさないケースもあるため、詳しい条件を事前に確認しなければなりません。

③ 治療費用の充実度

「海外で大きな病気にかかり、多額の治療費がかかることなんてめったにない」と考えていませんか。しかし、もし治療費がかかった場合、日本の健康保険が利用できないため、数10万円~数100万円もの費用がかかるケースもあります。そのため、治療費用の補償が充実したクレジットカードを選ぶことが大切です。

④ 家族特約の有無

海外に家族と一緒に行く場合は、「家族特約がついているか」について確認しましょう。家族特約を利用せず、家族に別の海外旅行保険付きクレジットカードを作ってもらうこともひとつの手段です。また、本人会員と家族会員は同じ補償内容となっている場合もあります。

⑤ 補償対象期間

長期間の滞在を予定している場合は、補償対象期間を十分に確認しましょう。補償期間は、一般的に90日以内となっており、補償対象期間を過ぎると、補償を受けられなくなります。留学やワーキングホリデーなどで長期滞在する場合は、別に海外旅行保険に加入しましょう。

これらポイントを確認し、渡航先や自分のスタイルに合ったクレジットカードを選びましょう。

⑥ 現地での日本語サポート

日本語サポートを海外のどこからでも受けられるか確認しましょう。
また、その受付時間についても確認しましょう。

海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っているけど、補償内容が不安…な方には、ドコモの海外旅行保険がおすすめ!

クレジットカードの海外旅行保険についてはこれで理解できたかな?

ありがとうございます!よくわかりました。

じゃあもう一つだけ。クレジットカードの保険だけだと補償内容が不安、なんてことももちろんあるので、お手軽に加入できる海外旅行保険も説明しておこうか。

お願いします!

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていても、補償内容が不安な場合もあるでしょう。その場合は、「ドコモの海外旅行保険」がおすすめです。お手軽に加入できるうえに、安い保険料で充実した補償を受けることができます。

ドコモの海外旅行保険、気になるその内容とは…!?

ドコモの海外旅行保険は、スマートフォンから手軽に加入できるため、旅行の当日に海外旅行保険への加入を決めた場合にも利用できます。書類のやり取りなどはなく、旅行の準備で忙しい方でも検討しやすいでしょう。ここでは、ドコモの海外旅行保険のプランや補償内容について詳しくご紹介します。

① 補償内容は3つのプランによって異なる

「おすすめ」「おてがる」「しっかり」の3つのプランに分かれており、それぞれに補償内容が異なります。「おてがる」「おすすめ」「しっかり」の順に保険料が高くなり、補償内容が充実します。保険期間は、いずれも1~31日です。

保険料は、1日単位で「おすすめ」が1,310円、「おてがる」が910円、「しっかり」が1,640円です。また例として、7日間で「おすすめ」が4,730円、「おてがる」が3,680円、「しっかり」が5,250円となっています(69歳以下)。

プラン 金額(1日) 金額(7日)
おすすめプラン 1,310円 4,730円
おてがるプラン 910円 3,680円
しっかりプラン 1,640円 5,250円

② 海外旅行保険の補償範囲

海外旅行保険の補償範囲 海外旅行保険の補償範囲

海外旅行保険の補償範囲について、詳しく見ていきましょう。

・治療/救援に対する補償

「おてがる」は500万円、「おすすめ」と「しっかり」は、それぞれ1,000万円が最大の補償額となっています。救援や捜索も含まれますが、大きなケガや病気で手術が必要になるケースを除き、十分な補償内容と言えるでしょう。それでも、クレジットカードの海外旅行保険と併用して、しっかり備えたいところです。

・賠償責任に対する補償

どのプランもすべて最大1億円が補償されます。比較的高額な商品を壊した場合でもカバーできるでしょう。

・携行品損害に対する補償

「おすすめ」は20万円、「おてがる」は10万円、「しっかり」は30万円が最大の補償額です。高価な携行品を持ち歩く場合は、「しっかり」を検討した方がいいでしょう。

③ 現地でのサポート体制もばっちり!24時間アシスタンスサービスつき!

海外旅行では、言語の壁や文化の違いなどにより、トラブルが起こるケースがあります。また、トラブルが起きたときにうまく対応できず、旅行プランに支障をきたすことも予想されるでしょう。

そこで役立つのがドコモの海外旅行保険についている24時間アシスタンスサービスです。24時間365日、海外旅行をサポートしてくれます。

・体調が優れないため、近くの医療機関の場所や連絡先を教えてほしい

・お店の商品を壊してしまった

・通訳をしてもらいたい

・携行品が盗難された

これらのような渡航先で起こり得るさまざまトラブルに対応できます。また、日本語で相談できるため、話せる言語が日本語のみでも問題ありません。この24時間アシスタンスサービスには、どのようなサービスがついているのか詳しく見ていきましょう。

・トラベルプロテクト
トラベルプロテクト

ケガや病気、盗難など、海外旅行中にトラブルが起きた際に相談できるサービスです。現金の盗難などで金銭面に問題が起きた際には、現金を用立てることが可能です。受け渡し場所は世界32万ヵ所以上のため、「結局受け取れなかった…!」といった心配がほとんどありません。
また、パスポート紛失時には、大使館や領事館の電話番号や所在地の情報を得られたり、クレジットカードを紛失・盗難したときのサポートを受けられたりもします。

・キャッシュレス・メディカル・サービス
キャッシュレス・メディカル・サービス

ケガや病気の際に、治療費用や受診料などを支払わずに治療を受けられるサービスです。世界80都市以上で対応しているため、さまざまな国に渡航する方にも向いています。利用方法は、ドコモの海外旅行保険の加入者証を受付で見せるだけです。また、病気やケガで緊急移送が必要になった場合の手配も可能です。

・緊急医療相談サービス
緊急医療相談サービス

急に具合が悪くなったり、体調に不安を感じたりしたときに、24時間365日いつでも医療相談が可能です。看護師または救急医が電話でアドバイスしてくれるため、医療機関を受診すべきかどうか迷っているときに役立ちます。

・スーツケース修理サービス
スーツケース修理サービス

事故によって壊れた本人のスーツケースの修理費が修理会社に直接支払われるサービスです。スーツケースが壊れると、大量の荷物を運ぶことが難しくなり、旅行を楽しめなくなる可能性があります。集荷を依頼してスーツケースを預け、修理したものを届けてもらうことができるため、旅行の計画が台なしになることもありません。
※サービス提供は日本国内に限ります。

このように、ドコモの海外旅行保険は、安心して渡航できるさまざまなサポートがついていますので、クレジットカードの海外旅行保険だけでは不安な場合にはぜひご検討ください。

クレジットカードの海外旅行保険は使用できるかきちんと確認を!

クレジットカードについてくる海外旅行保険は、きちんと確認しないといけないね。

早速自分のカードのものは確認します!

そうだね。もし足りないなと感じたり、クレジットカードを持っていない!という人はドコモの海外旅行保険も併用すればいいからね。海外旅行、気をつけていってらっしゃい!

はい!ありがとうございました!

海外旅行の際には、病気やケガ、携行品の盗難などさまざまなトラブルに備えることが大切です。海外旅行保険付きクレジットカードには、さまざまなタイプがあるため、使用できるかどうか確認しましょう。また、補償内容や補償範囲に不安がある場合は、ドコモの海外旅行保険の併用をおすすめします。海外旅行を楽しむためにも、しっかり備えましょう!

【監修者】 田尻 広子(たじり ひろこ)

【監修者】
田尻 広子(たじり ひろこ)
2級FP技能士
証券外務員第一種

募集文書番号:19-T02249(2019年8月作成)

この記事を読んだ方にオススメ