ハワイの砂浜の写真
旅行
2020.10.01

実は安全とは限らない!?日本人が大好きなハワイの治安と気を付けるべき点

目次

日本人に人気の旅行先であるハワイは治安が良いと言われていますが、実はそうとも限りません。ワイキキで実際に起きた事件や、日本人が気をつけるべき点をお話します。

1ハワイでの事件実例

ハワイは安全と思われがちですが、ハワイもアメリカの一部です。銃を所持している人もいますし、日本ほど安全性は高くありません。在ホノルル日本国総領事館のホームページに掲載されている海外安全対策情報によれば、凶器を使用した強盗事件や、ホームレスによる事件も発生していることがわかります。

日本人が巻き込まれることも多いワイキキでの事件

日本人旅行客が多く滞在しているワイキキでも、実は衝撃的な事件が起きています。例えば、2019年8月8日には、日本人旅行客にも人気のシェラトンワイキキで発砲事件が起きました。旅行客が多いホテルで凶悪事件が起きるというのは驚きであり、ショックですよね。

また、2019年9月8日には、アラモアナショッピングセンターの駐車場で20歳の男性が拳銃で胸を撃たれて死亡するという事件も起きています。クラブでの口論の末とのことですが、こういう状況に遭遇したらすぐにその場を離れるようにしましょう。

日本人旅行客が巻き込まれた事件

残念ながら、日本人旅行客が事件の被害者となっている事例も多々あります。在ホノルル日本国総領事館のホームページに掲載されている海外安全対策情報によると、2019年9月から12月の間、42件もの邦人の犯罪被害が起きています。車上荒らし、置き引き、ひったくりなどが主な内容ですが、銃を使用した強盗事件、強盗致傷事件も起きています。

また、以前テレビでも放送されたのでご存知の方も多いかもしれませんが、ハワイ旅行中にカカアコ地区に出かけた一家の父親が公衆トイレで暴行を受け、生死の境をさまよったという事件もありました。

2ハワイで特に気をつけるべきエリア

日中ならまだしも、暗くなってからは近づかない方が良いエリアもあります。例えば、先ほどのカカアコ地区もその一つ。様々なウォールアートがあり、SNS映えもすると人気のエリアですが、元々は薄暗い倉庫街でした。また、ダウンタウンもあまり治安の良い場所とは言えません。

ワイキキ周辺の場合、アラワイ運河辺りは、夜は特に暗いので、一人で行くことは絶対にやめましょう。ワイキキの中心を走るカラカウア通りとクヒオ通りを結ぶ細い路地も、夜一人で出歩くのは避けた方が良いでしょう。

3ハワイは日本ではない!旅行客が気をつけるべきこと

大前提として、ハワイは日本ではないという意識をしっかり持つことが大切です。ちょっとくらい荷物で席取りしても大丈夫だろう、ホテルから近いABCストアだったら遅くに行っても大丈夫だろうという気の緩みが、事件に巻き込まれることに繋がります。また、海外旅行保険には必ず入り、事件に巻き込まれた時のために備えることも大切です。

ハワイは安全と油断することなく、防犯意識を高く持ってハワイ旅行を楽しみたいですね。

文・coco(CAメディア ライター)

提供・fuelle

旅行