入院保険と医療保険はなにが違う?保険が必要な人、不要な人の条件や保険の選び方!

病気やケガで入院や手術、通院をするときのために、医療保険や入院保険への加入を検討している方は、両者の違いについて知っておくことが大切です。医療保険と入院保険の違いがわからないまま加入すると、かえって損をする可能性があります。

そこで、今回は入院保険と医療保険の違いや、保険が必要な人と不要な人、保険の選び方などについて保奈美さん&保険先生と一緒に勉強していきましょう!


医療保険に入ろうと思っていたが、入院保険という言葉をしり、どっちに入ればいいのかわからなくなってしまった。今回は二つの違いと、どちらに入ればいいのかについて先生に聞くことにした。

保険先生
保険のことなら何でもお任せ!フィナンシャルプランナー1級を保有している保険のプロ。保険初心者の方に、わかりやすく丁寧に保険を説明するのが得意。

入院保険は医療保険となにが違うの?

保奈美

先生、よろしくお願いします!
最近「入院保険」って言葉を知ったのですが、入ったほうがいいものですか?今日は「入院保険」と「医療保険」との違いについても知りたいです!

保険先生

医療保険と入院保険…そうですね、わかりにくいかもしれませんね。
では順番に解説していきましょう。
まずは、そもそも「入院保険」ってなに?から始めましょうか。

保奈美

はい!今回もよろしくお願いします!

まずは、「入院保険がどのような保険なのか」「医療保険と何が違うのか」について詳しくみていきましょう。

入院保険とは

入院保険とは、病気やケガによる入院にかかる費用を補償してくれる保険です。入院したときに入院一時金が支払われるだけではなく、手術や通院したときに給付金が支払われる保険もあります。

医療保険と入院保険の違い

医療保険は、入院保険やがん保険、三大疾病保険、女性疾病保険など医療にかかわるすべての保険を指します。つまり、入院保険は医療保険のジャンルの一つです。ただし、入院保険のことを医療保険と呼ぶ場合もあり、区別して呼ばれなくなってきています。

入院保険にはどんな種類があるの?

保奈美

なるほど、医療保険のジャンルのひとつなんですね。
そもそもあまり聞かない言葉のような気がしますし、区別されにくくなっているというのも分かります。

保険先生

そうですね。今は医療保険の中で入院もカバーすることが多いので、入院のみの保険についてはたしかに下火かもしれませんね。ただ、知っておいて損なはないと思いますので、入院保険の種類について確認してみましょうか。

保奈美

よろしくお願いします!

入院保険は、医療保険の一つですが、さらに定期型入院保険と終身型入院保険に分けられます。それぞれの特徴やメリットとデメリットについて詳しくみていきましょう。

入院保険の種類

定期型入院保険

保険期間が5年や10年など、数年単位で区切られていることが特徴です。保険料の支払期間が短いため、保険を見直しやすいことがメリットでしょう。ただ、更新するたびに保険料が高くなるため、入院保険に加入し続けたい方には向きません。また、更新には年齢制限があるため、途中で終身型への切り替えが必要になる場合があります。

終身型入院保険

一生涯、保険料が変化しないタイプの入院保険です。定期型入院保険と比べて保険料は高いものの、一生涯保険料が変わらないため、長期的に入院保険を利用したい方に向いています。また、保険料の支払い方法は「終身払い」と「短期払済」に分けられます。

終身払いは、保険契約者が亡くなるまで、もしくは保険を解約するまで保険料を支払い続けます。一方、短期払済は60歳や65歳など一定の年齢で保険料が支払い終わるように保険料が計算されることが特徴です。短期払済の方が月々の保険料の支払い負担は重くなりますが、長く生きる場合は終身払いよりも総額を抑えられる可能性があります。

終身払いの場合は、長生きするほど保険料の負担が大きくなるのが特徴です。そのため、老後資金や年金額などを考慮して、どちらが自分に適しているか考えることが大切です。

入院保険って必要なの?

保奈美

定期と終身、一般的な医療保険で聞くようなものが多いですね。

保険先生

そうですね。こういう所からも、医療保険との境目がなくなっているのがよくわかります。

保奈美

じゃあ入院保険って知らなくてもいいんでしょうか?

保険先生

いえいえ!
結局医療保険でカバーされるとはいえ、入院保険の中身がわかっていないと必要なサービスが受けられなくなる可能性もあるので、きちんと理解しましょう!

そもそも入院保険は必要なのか疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。入院保険が必要かどうかは、個々のライフスタイルや収入、貯蓄などで異なります。入院保険の必要性や、入院保険に今すぐ入っておいた方がいい人、加入を最優先で考えなくてもいい人について詳しく確認していきましょう。

入院保険の必要性

入院保険は、次のような目的で加入します。

公的医療制度対象外の費用に備えるため

公的医療制度は、高額療養費制度や健康保険など、さまざまなものがありますが、差額ベッド代や保険診療外となる先進医療の技術料などは対象外です。差額ベッド代は、2人部屋や個室など有料の部屋を使用した場合にかかる費用で、1日3,000円~1万円程度と医療機関によって異なり、例えば1週間入院すれば2万1,000円~7万円程度かかります。

先進医療の技術料は、新しい治療法を受けたときにかかる費用のことで、保険診療が適用されません。入院保険や先進医療の特約などに加入することで、先進医療を選択することも検討できます。

長期入院などで足りなくなる費用をカバーするため

長期入院すると、差額ベッド代や先進医療の技術料も高くなります。また、働けない期間が長くなると収入も大きく落ちるでしょう。このように、長期入院で足りなくなった費用や収入をカバーするためには、入院保険が必要です。

それでは、入院保険が必要な人と不要な人には、どのような違いがあるのか詳しくみていきましょう。

入院保険にすぐに加入しておいた方がいい人

貯蓄があまりできていない人

長期入院になれば、貯金を切り崩して生活費や入院費をまかなうことになります。例えば、入院中に全く働けず収入がゼロになった場合、貯金を崩して、家族の生活費や入院費に充てることになるでしょう。入院が長期化すれば、さらに多くの費用がかかることが予想されます。

そのため、現在貯蓄が少なく、これからも大きく増える見込みがない場合は、入院保険でしっかり備えておくと安心です。

貯蓄を減らしたくないと考える人

現在の貯蓄を減らしたくないと考えるならば、入院保険に加入しておくことをおすすめします。ある程度の貯蓄があっても、「もし数ヵ月入院することになったら…」などと貯蓄を取り崩すことに不安に感じる場合は、安心を買うイメージで入院保険に加入しておいた方がいいでしょう。
また、自分が入院することで収入が落ちると、配偶者や子どもなど家族に苦労をかけることになりかねないため、自分だけの問題では済まない場合もあります。

自分の家庭環境や収入、ライフスタイルなどを踏まえたうえで、入院の際に備えが必要かどうかよく考えましょう。

自営業の人

会社員には、傷病手当や労災保険などがあるため、入院中の生活費や入院費をある程度まかなえます。しかし、自営業の人は傷病手当や労災保険などがありません。入院して働けなくなれば、その期間中は収入がゼロになる可能性が高くなるため、入院保険でしっかり備えたいところでしょう。

入院保険への加入をすぐに考えなくてもいい人

貯蓄が十分にある人

貯蓄だけで入院費や生活費をまかなうことができる人は、入院保険への加入はすぐに考えなくてもいいかもしれません。ただし、病気によっては数ヵ月以上入院する可能性もあるため、医療費が心配な方は加入しておいた方がいいでしょう。
また、先進医療の技術料は数十万~数百万円かかることもあるため、貯蓄だけでは心もとない場合があります。

会社の福利厚生等で補償が十分な人

入院保険は、会社の福利厚生の利用や公的医療制度の利用の有無に関係なく、決められた金額を受け取れます。会社の福利厚生が充実しており、公的医療制度との併用で入院費や生活費をまかなえる人には、入院保険への加入を最優先にしなくてもいいかもしれません。ただし、退院できてもすぐには仕事に復帰できなかったり、働く時間を減らしたりする場合もあるため、万が一に備えて、入院保険に加入しておくことをおすすめします。

ドコモが提供する「医療保険」なら手頃な保険料で充実の補償内容!

万が一の入院のために備えておきたい人や医療保険への加入を検討している人には「ドコモ 医療保険」がおすすめです。手頃な保険料で充実の補償内容のため、毎月の保険料を抑えたい方にも向いています。

ドコモの医療保険、気になるその内容とは…!?

ドコモ 医療保険」は、補償内容に応じて3つのプランに分かれています。また、どのプランにもメディカルアシストがついていることが特徴です。補償内容や補償範囲、メディカルアシストについて詳しくご紹介します。

①補償内容

ドコモ 医療保険」は、次の3つのプランに分かれています。

【1:ベーシックプラン】
保険料を抑えて必要最小限の補償を受けたい方や、初めて医療補償を検討する方におすすめのプランです。30歳の場合、毎月の保険料は920円でお手頃なため、ご検討していただきやすいのではないでしょうか。

【2:三大疾病重視プラン】
がん、急性心筋梗塞、脳卒中に備えたい方や、先進医療で手厚い補償を受けたい方におすすめのプランです。保険料は30歳で毎月1,220円と、一番人気のプランです。

【3:女性疾病重視プラン】
乳がん、子宮がんなど女性特有の病気に対する補償と、先進医療に対する補償が手厚いプランです。保険料は30歳で毎月1,540円と、お手頃な適正価格を実現しています。

②医療保険の補償範囲

ドコモ 医療保険」では、次の範囲を補償いたします。

【入院保険金】
病気やケガで入院した際に、入院初日から1日5,000円をお支払いします。仮に、1日6,000円の個室を利用した場合、日数×1,000円の差額ベッド代で済みます。
(1入院支払限度日数60日)

また、女性疾病重視プランに加入いただいている方の場合は、女性疾病で入院された際に、1日あたり1万円までお支払いします。

【手術保険金】
病気やケガで所定の手術を受けた際に、規定の保険金をお支払いします。重大手術には20万円、重大手術以外の手術を受ける場合において、入院中は5万円、入院中以外には2.5万円をお支払いします。

【放射線治療保険金】
公的医療保険制度における医科診療報酬点数表の放射線治療科の算定対象となる放射線治療を受けた際に、5万円をお支払いします。

【先進医療保険金】
三大疾病重視プランと女性疾病重視プランにご加入の方が先進医療を受けた際に、最大305万円の保険金をお支払いします。

【三大疾病・重度傷害一時金】
三大疾病重視プランに加入されている方が、がんと診断された場合、急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態となったうえで入院された際には、100万円をお支払いします。

【女性形成治療保険金】
所定の身体障害によって、所定の乳房切除術・変形形成術、はん痕形成術を受けた際に、手術の種類に応じて10万円もしくは20万円の保険金をお支払いします。

③メディカルアシスト

メディカルアシストでは、さまざまな医療サポートサービスを24時間365日体制でご提供いたします。

【緊急医療相談】
救急医療機関に所属する「専門医」と経験豊富な「看護師」に医療相談できます。「夜間に体調が悪くなった」「深夜、子どもが高熱を出した」など、気になる症状があるときにすぐ相談できるため、安心につながります。

【医療機関案内】
休日・夜間診療を行っている医療機関の案内、旅行先や出張先での最寄りの医療機関の案内など、条件に応じて最適な医療機関を紹介いたします。

【がん専用相談窓口】
経験豊富な医師とメディカルソーシャルワーカーに、がんに関する様々なお悩みを相談できます。

【予約制専門医相談】
ご予約いただいた専門医に対して、医療相談できるサービスです。医療機関への相談方法や最新の治療法など、質の高いきめ細かなアドバイスを得られます。

【転院、患者移送手配】
出張先や旅行先で入院した際に、ご利用いただけるサービスです。自宅の最寄りの医療機関へ転院の際に、航空機特殊搭乗手続きや民間救急車の手配などを行い、快適かつ速やかな転院をサポートします。(実費はお客さまのご負担となります)

このように、様々なシーンで医療サポートを提供いたします。

加入は、ケータイ(spモード)からネットワーク暗証番号と生年月日を入力するだけで完了します。料金もケータイ料金と一緒に引き落とされるため、面倒な手続きは必要ありません。簡単に加入できて、毎月の保険料も手頃な「ドコモ 医療保険」を検討してみてはいかがでしょうか。

>>「ドコモ 医療保険」の詳細はこちら

手厚い補償が受けたい場合、入院保険もカバーしたドコモの医療保険がおすすめ!

保奈美

ドコモの医療保険は、30歳の場合、ベーシックプランなら毎月920円で入れるんですね。
それぐらいの金額だったら、気軽に入れそうです!

保険先生

そうだね。さらに三大疾病重視プランなら「先進医療保険金」や「三大疾病・重度傷害一時金」、女性疾病重視プランなら「女性形成治療保険金」が用意されていたり、医療サポートサービスを24時間365日体制で提供しているのも重要なポイントです。

保奈美

はい!手広く対応しているので、私のような初心者にも安心して入れそうです。最初は必要ないのかなと思っていましたが、ちゃんと検討してみたいと思います!

入院保険が必要かどうかは、収入や貯蓄、ライフスタイル、働き方などで異なります。貯蓄をあまり切り崩したくなく、、先進医療の手厚い補償を受けたい場合は、入院保険への加入がおすすめです。また、加入が不要と思われる場合でも、万が一に備えて加入を一度検討してみてはいかがでしょうか。「ドコモ 医療保険」は、入院保険の補償範囲をカバーしている低価格な保険ですので、あわせてご検討ください。

※本記事は2020年1月1日時点の内容であり、将来の商品改定によっては内容が変更になる可能性ございます。

【監修者】 田尻 広子(たじり ひろこ)

【監修者】
田尻 広子(たじり ひろこ)
2級FP技能士
証券外務員第一種

募集文書番号:19-T06343(2020年2月作成)
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
  • はてなブックマークでシェア

この記事を読んだ方にオススメ